HOME > 事業内容(臨床検査) > 尿・糞便・その他検査

尿・糞便・その他検査

尿・糞便検査は、そのままの検体で検査ができます。
尿は主に腎疾患のスクリーニングとして、糞便は潜血などで検査します。

分析装置 分析装置
検査項目 特異的便潜血反応(1日目)・(2日目)
…OC専用容器を使用します。
糞便検査項目 便虫卵検査…糞便 拇指頭大ほど容器に入れます。
便蟯虫卵検査…専用セロファンを使用します。
尿検査項目 一般検査…試験紙法(ウロビリノーゲン・蛋白・糖・pH・潜血)
沈査…遠心鏡検法
比重…屈折計法
ベンスジョーンズ蛋白定性
ケトン体(定性)
蛋白定量
糖定量
尿素窒素
クレアチニン
ナトリウム
カリウム
クロール
カルシウム
アミラーゼ(部分尿)・(蓄尿)
その他検査項目 アンモニア除蛋白をして上清を凍結してください。 淋菌核酸同定検査(DNAプローブ法)専用STDスワブに採取してください。 クラミジアトラコマチス核酸同定検査(DNAプローブ法)専用STDスワブに採取してください。 クレアチニンクリアランス年齢・身長・体重・採尿時間・尿量を必ず明記願います。血清・蓄尿を使用。 髄液一般(比重・ノンネアペルト反応・パンディー反応・細胞数)滅菌容器に採取 精液一般(量・pH・濃度・運動率・正常形態率・奇形率)滅菌容器に全量採取 鼻汁好酸球鼻汁塗抹標本を作製してください。
弊社への各種お問い合わせ・ご相談はお電話にて受け付けております。
TEL:026-223-6311 FAX:026-223-6135 受付時間/平日  9:00~18:30
土曜日 9:00~18:00
定休日/日・祝祭日・その他(夏季・年末年始)